口臭を防ぐには? 予防するのはやはり日常生活から

口臭を防ぐ=健康になる。というのにも通じるので今回は書いていこうと思います。
こんにちわ、はむらいとです。

結論から言うと、歯磨きの回数を増やして舌を清潔に保とう!
です。

皆さん歯は一日何回磨いていますか?
なんか寝る前に一回で良いと言っている歯医者さんも居るし、ハッキリとはよくわかりませんね。

ただ、僕の経験から言うと、歯磨きの回数を増やしたら、ある項目がきれいになりました。

それは舌苔です。

舌苔というのは読んで字の如くなのですが、舌に苔の様に溜まっているゴミです。
自分の舌を鏡で見た時に中央付近が妙に白くありませんか?
それです。

人によって溜まりやすさが違うのですが

舌の構造だったり
唾液の分泌量だったり
あと口呼吸でも舌苔が溜まりやすいです

様は舌の上に溜まったゴミなので、こいつらを分解する 「嫌気性細菌」 が下に付着すると、嫌なにおいの基となります。

怖いですね。
とりあえず口臭対策として舌苔を減らして、ついでに健康な体を保ちましょう。

スポンサーリンク

何故舌にゴミが溜まるのか? どう除去するか?

舌の構造はもともと汚れが溜まりやすい

舌には味蕾という味を感知する機関があります。

舌をよく見るとぶつぶつしていませんか?
あいつらです。

舌の表面はツルツルではなく凸凹しています。
キーボードに自然と誇りが溜まるのと同様に、舌にも自然と汚れが溜まっていく構造になってしまっているのです。

ちなみに味蕾は傷つきやすいので、舌のぶつぶつが気になっても過度な掃除はしないでくださいね。

一日2回のブラッシングで舌苔がすくなくなった。

これは恐らく、歯を水でゆすぐ回数が増えたからではないかと思っています。

以前は一日一回寝る前に磨く程度で良いという言葉を信じて磨かなかったのですが
インビザライン矯正をやり始めてから、結局歯を磨く回数が増えました。

以前書いたこの辺の記事が参考になるかも

要するにマウスピースをはめている人は、歯から汚れをさっさと取り除かないと、虫歯一直線なので、そのリスクを排除したく歯ブラシの回数が多くなるわけですね。

しかし、これを続けていくと面白い効果が付属してきました。

舌苔が前より薄くなって、ピンクの舌が見える様になっていたのです。
これはうれしい誤算でした。

舌ブラシは専用の柔らかい物を買ったほうが良い。

実は舌もブラッシングするものなのです。
僕も舌苔について調べる前まで、そういう行動が必要だと想像すらしていなかったのですが、実際に舌を掃除することで舌の状態の改善を期待できます。

そして
舌ブラシというのは、舌のブラッシングだけに特化したブラシです。

軽く撫でる様に奥から手前まで、三回程度が良いとされています。
これは味蕾が傷ついて出血することで、新たな生ごみが舌の上に溜まってしまうのを防ぐためです。

これを通常の歯ブラシでやろうとすると、どうしても回数が多くなってしまうし
そもそもしたブラシ自体より硬いので、未来を傷つけてしまうというわけです。

正しいブラッシングをすれば、二カ月ほどで減るのが一般的なはずです。
僕の場合は通常の歯ブラシでやって、効果がでなかったので、やはり専用の物を用意するとよいでしょう。

口呼吸が万病の元になる。

口臭の原因となる口呼吸を今すぐやめよう。

みなさん、間抜けな顔をさらして口呼吸をしていないでしょうか。
それは僕です。

口呼吸というのは、鼻というフィルターを無しに外気を取り込む最悪の呼吸法です。
様々な細菌やウィルスが直接口やのどに降り立ってしまい、口臭やヴょ雨季の原因となる事も少なくありません。

ノーガードでパンチを食らっているようなものです。

その数多の細菌を買っている状態で、さらに食べかすを分解して悪臭を増やしていくのですから、状態としてはもう目も当てられません。
とにかく口臭を防ぐなら、口呼吸の改善が第一歩です。

あと他人から見ると非常に間抜けなので、そういう意味でも何とかやめる努力をしたいですね。

筋力低下ならあいうべ体操。

もし、あごの筋力低下で何となく口呼吸になっているとしたら
あいうべ体操で筋力を取り戻して、口呼吸をなくすよう努力しましょう。

あいうべ体操というのは
あーの音を出す様に大きく口を開ける。
いーの音を出す様に大きく口を開く。
うーの音を出す様に口を一気にスすぼめる。
べーっと一気に舌を出してください。

ちなみにアインシュタインの有名な舌を出している写真は、群がるマスコミ対策だったらしいですよ。

話がそれましたが、こうやって大きく口の動きを刺激していくと、筋力が回復してきて口呼吸を防ぐための一助となります。

僕も思い出したときはやっているので、若い頃よりは口呼吸が減っているはず。

原因を塞いだら、こまめにうがいをする。

舌苔を減らす努力をし、口呼吸も改善したら、あとはこまめにうがいをしましょう。
何もしないよりは随分と口内の食べかすが流れていくものです。

食べかすたちは口の中に残していても、口内細菌のエサにしかならないので、さっさと洗い流してしまいましょう。

行動は早くやっていくに越したことはありません。

生きている限り自然と細菌が溜まっていくので、
生きている限りはうがいを続けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました