仕事術・心理学

心理学・人間関係

マルチ商法とは なぜ引っかかるのか? 単純なネズミ講との違いを解説

マルチ商法が嫌いなので、マルチ商法の注意喚起の記事を流します。 私はビジネスは、全体の富の和を大きくしていくものだと考えていますので、お金の構造を細かく切るだけのああしたネズミ構造式の背景はキッパリ良くないと考えています。 と...
仕事術・自己研鑽

即レスとは? 返事の早い人ほど仕事ができるわけ

今すぐ実行できて、凄く仕事がスムーズになる方法を知っていますか?仕事ができる人の条件は色々言われますよね。いつでも優先順位を冷静に判断できる人。誰に対しても丁寧な態度が変わらない人。学ぶ精神を忘れない人。それらよりも簡単で効果抜群に実行しやすいものがあるんです。
心理学・人間関係

スティンザー効果とは 意味と具体例を紹介 会議で判る力関係

会議での発言順や私語の出方。 そして座る位置で、すでに関係性ができ上っているとする理論があります。 スティンザー効果です。 話し合いの場で避けて通れないのが、反対意見や会議の掌握。 反対に同調意見の効果的な使い方な...
心理学・人間関係

クレスピ効果とは 報酬の量でやる気が変わってしまう【経費削減NG】

経費削減は、実は単なるコストアップになるって知ってましたか? それを表しているのが今回紹介する【クレスピ効果】です。 『報酬』が与える影響は、あなたが考えるより実は相当大きく、安易にコストカットといって従業員の給与を減額するこ...
仕事術・自己研鑽

パレートの法則とは 世の中は収益構造8:2の法則に支配されている

あなたの会社の売り上げの8割を作っているのは、どの商品でしょうか?どういった顧客でしょうか?実は、それを説明できるとても使いやすい法則性があるのです。それがパレートの法則。俗に80:20の法則とか2:8の法則とか呼ばれます。
仕事術・自己研鑽

働きアリの法則とは 2・6・2で具現化する働く集団サボる集団

集団の2割はサボっている。そして、サボっている方が集団としての生存率が高くなる。それを表しているのが今回紹介する働きアリの法則となります。また、この法則は集団を解体して任意に集団を組み直しても成立するのです。 なぜ、サボっている方が、全体の生存率が上がるのか、興味はありませんか?
心理学・人間関係

リンゲルマン効果の意味 人間は人数が増え集団になるほど手抜きをする?

サボリ。あなたは、人前でサボる事ができますか?まず、無理ですよね、そんなことをすれば信用を失いますから。 実は、社会的手抜き】と表現される心理効果があります。この心理効果は「え、そんなことあり得ないでしょ」と思いつつも、聞いてしまうと「なるほど」と納得せざるを得ない心理効果となっています。日常でも発生するこの傍観者的作用。是非確認してみて下さい。
心理学・人間関係

博愛主義とは 嫌いな人は居ないのか? 平等愛の深層心理【意味】

誰にでも平等に接するなんて無理じゃないですか?ましてや、恋人でもない、家族でもない、友人でもない。 もしくは対立している何かに属している人などなどなど…。人間は考え方が同じでない以上住み分けは1つの帰結ですが、博愛主義では別のようです。
心理学・人間関係

デマゴーグと扇動者の意味 恫喝と圧力による弱者の洗脳について

恐怖に付け込まれることにより、あなたの心も操られてしまうかもしれません。 現代では政治的活動や、ある種の宗教的な活動も、オンライン上で行われることが大変多くなってきました。 そして、オンラインの活動は、ネームバリューによる一種...
心理学・人間関係

保証金詐欺とは 手口と対処法の考え方を知ろう!【特殊詐欺】

突然ですが、あなたは高額当選者となりました! こちらからお金を振り込む為、まずはそちらからお金を預けてください! 『何をいってるんだ?』 と思われるかもしれませんが、実際にこうした手口の詐欺が存在します。 保証金詐...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました