手取り15万で生きていける? 話題に見る日本の闇と貧乏マウント

雑学・ニュース

2019.09.24にTwitter上で、【手取り15万】がトレンド入りしていました。
なんのこっちゃ?

そもそもなんで、トレンド入りしているのかは不明です。
日本人は自慢のマウント合戦より、不幸のマウント合戦が好きなので、何かを火をつけるものがったのでしょうか。

僕の考え方を書いていきます。

スポンサーリンク

手取り15万で生きていける? 貧乏マウントヤバすぎ

15万円生活の基本情報 無理じゃん

項目貯金をしない場合 単位:円預金をする場合 単位:円
家賃50,00050,000
食費30,00020,000
交際費・娯楽費20,00010,000
水道光熱費12,00012,000
通信費12,0006,000
衣類・日用品 20,00010,000
合計144,000110,000
預金6,00040,000

※こちらのデータは引用です。
引用元:Roochさん

まず家賃5万円というところから、結構な異次元っぷりを発揮しています。
この図では、家賃と光熱費は削りようが無いので、他に削れるところがないかを考えます。
あれ? この図だとNHKの集金はどうするんだろう…?

食費・通信費・娯楽費は削れる

食費

食費は目標を決めてしまえば一気に削ることができます。
すなわち、全工程弁当の、1日2食生活です。
ずばり1日500円以下を目標にして10,000~15,000円の食費にしてしまいましょう。

比較的満腹感を得やすいものは米。
特におかゆなどにしてかさ増しすると、意外とお腹が膨れます。
梅干しなどは相対的に高いですが、栄養素的には取りに行きたいところでもあります。

お昼は言わずもがな弁当です。味付けはふりかけやシラスなどで代用。
卵は安いし、栄養価抜群なので毎食とってもいい位です。
生でも、卵焼きでも、スクランブルエッグでも、ゆでてもいけます。
ダイエッター的にはゆで卵に塩がベスト。

その他小麦粉と 卵の組み合わせは、パンケーキもどきにもお好み焼きにも変身します。
具材は安く手に入ったもの次第で…。

通信費

通信費は、今流行りの格安SIMにしてしまうなどで若干の対応が取れますね。
通信費を削るとなると必然的に家の中の物はPCはなく、スマホオンリーに。

格安SIMについては【しのぶ@Charme_azur】さんが記事を書いてくれました!
ザックリ計算で通常のキャリア登録より年間30,000円ほど節約できるみたいですよ!
是非参考にしてくださいね!

格安 sim の運用と注意点
格安 sim という言葉が CM でも盛んに叫ばれるようになり、一般に浸透して大体 2 年くらいになると思います。 今更説明は不要ですが、格安 sim とは “大手キャリアの回線を借りることで、 大手キャリア以外の通信事業者が安価に提供する sim カード ” のことです。 ...

さらに、当ブログでも楽天モバイルについてまとめています!
併せて読んでみて下さいね!

娯楽

娯楽の確保が一番難しいですよね。
もし文字書きを娯楽と捉えるなら、ブログ活動はいかがでしょうか?
通信費と初期費用だけで済みますし、基本調べ物ですので知識が付きますよ。

ドメイン費が年間約1,000円
サーバー費が年間約15,000円
ホントにこんなもんです。
はてなブログで、タダで始めてみるという方法もありますしね。

昔の自分だったら恐らく、ソシャゲの無料縛りで暇つぶしをしていたでしょうね。

15万円生活は一般的には、無理だと捉えよう

僕も切り詰め生活はやったことがありますが、とにかくやる事が無いです。
働いて、帰って、寝るだけ。
娯楽をカットしているので、既に持っている本を繰り返し読むとか、通信費の許す範囲でネットの海を漂うなどをしなくてはなりません。

こういう時は本で知識を得るのが一番の娯楽になるので、BookOFFの100円セール時に自己啓発本とか豆知識の本とかを買い込んでいくしかないですね。

その時は基本的にすべての人付き合いは断っていましたよ。
1000円でも出せない。交通費120円ですら惜しいですからね。

原因は日本人の過剰な奴隷根性か?

日本人って、真面目なのか考え方の停滞が好きなのか、奴隷気質な一面があります。
長年の上司からの弾圧に耐えて耐えて我慢して、反発しないで自らの精神を犠牲にしたりとか。

ブラック企業の残業時間マウントなども、これと構造が丸々一緒です。
正直悲しくなりますよね。

だからこれがトレンドに上がってきていることが、現状の日本人の不安を良くあらわしているんだなぁと思ってしまいます。

特にこんでんさんのツイートが刺さったので引用させていただきます。

貧乏マウントをし続けても預金も収入も増えない

貧乏マウントをし続けても、預金も収入も増えないし、誰も幸せになりません。
確かに、一度そうなってしまったら、生活水準を上げる努力というのは難しいです。
が、手取りが少ない人が居るお陰で誰かが助かっているのかと言えば、恐らく会社の経営陣が助かっているのではないかと。
何とか抜け出せないかな…。

以前こちらの記事でも書いていますが、就職はある程度収入で選んでいいと思っています。

明るい話題もあるので紹介させて下さい

最後に、明るい話題で締めたいと思います。
僕のフォロワーさんには、節約術のブログを書いている方がいらっしゃいます。

もさこ@手取り17万円の節約生活@mosakolife

貧困アラサー もさこの節約生活
手取り17万円の貧困アラサーが毎月の家計の収支報告、家計管理、暮らしの節約術や情報、仕事や資格、ブログ運営に関する情報を発信!

もさこさんはなんと、自分の手取りと貯金額を公開しつつ、ブログにチャレンジされています。
食費1週間1500円チャレンジなど、とんでもない企画をなさっています。
ブログも大変読みやすく、実施のし易い生活に根差した内容で大変為になります。

経済が上向いてくれるとイイのですが、東京オリンピック後は確実に落ち込むと言われていて凹みますよね。
良い事がある様に、強く生きていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました