スーパーリーグリミックス用使い慣れておいた方が良いポケモン3選+1

Pokemon

今回はスーパーリーグリミックスにどう見ても出場可能。

つまり、除外のランキングには入ってこないけどであろうガチに強いポケモンを紹介していきます。

使用率上位に入っていないのが不思議なくらいで、確実に良い働きをしてくれるポテンシャルを秘めています。

今のうちにこの子達の中から軸になるポケモンを決めて置き、編成の際の受け皿とすると面白いかもしれません。

スポンサーリンク

ズルズキン

ズルズキン

はがねにめっぽう強く、かくとうの癖にエスパーにも、ゴーストにも強く出れるズルズキン。

さらにニョロトノなどの等倍対面にも強く、フェアリー・ひこう以外への制圧力はTOPクラス。

初手・引き先・フィニッシャーと全ての役割をこなせる為そのポテンシャルは非常に高いです。

チャーレムと比較になる事がおおいですが、イカサマの回転率がばくれつパンチやサイコキネシスよりも高い点が利点となります。

このズルズキンをフィニッシャーとしたのが、モルボルパ。

モルボルさんがレジェンドに到達した際に使われたオリジナルパーティで、クレセリアのねんりき型が見直されるきっかけにもなりました。

なんとこのパーティ、ガラルマッギョの枠を何かに変えればスーパーリーグリミックスに潜れます。

本来ちょっと処理し辛かったマリルリが居なくなる為(個体値による)、このパーティの亜種としてはむしろ追い風かも知れません。

というわけでズルズキンの使いこなしというのはかなりオススメです。

ここぺりさんが解説動画を出しているので、そちらもご覧下さい。

まだ使った事がない人は、参考になりますよ!

【ポケモンGO】レジェンドパーティー紹介!レート+118のズルズキンを通す凶悪ギミック@スーパーリーグ

バルジーナ

バルジーナ

なぜかランキング外。

ブラッキーと耐久の双璧を成すバルジーナです。

ブラッキーよりも劣る点としては、ひこうタイプにより、ガラルマッギョとトリデプスに確実に有利を取られてしまうというところです。

しかし、ひこうタイプ自体は利点でもあります。

かくとう枠やくさポケモンに、実は強く出れるのがこのバルジーナなのです。

ですので、本来相互互換の性能を持っている筈でしたが何故か使用率ランキングに入ってこないバルジーナ。

先に紹介したはがね二体に加えて、マリルリにも弱いのが理由と言えるでしょう。

しかし、その辺りをキッチリカバーできているのであれば話は別です。

特にこの三体はリミックスでの出場禁止確率がかなり高い為、バルジーナは相対的に評価が上がるポケモンになります。

アローラキュウコンの台頭により、あく・ひこうタイプともに少し肩身が狭くなりましたが、アローラキュウコンの使用率によっては採用を十分検討できる万能クッション役としての活躍が期待できるでしょう。

ミュウ

ミュウ

ミュウは様々な技の組み合わせが可能な事が強み。

強技であるワイルドボルトを所持している為、弱点となるポケモンにシールドを強要していくなど器用な立ち回りができます。

大きな弱点はシャドークローを減衰してしまうノーマルタイプやあくタイプのポケモンです。

このあたりと避けて勝負すれば、ある程度誰とでも戦えるのが一番の強み。

例えば、なみのり型にするとガラルマッギョと技の回転速度が同じになる為打ち合いでは有利になります。

ミュウの方が攻撃力が上で、同時であれば先制できるのです。

これはミュウ使いが初手でよくやる対面ですね。

むしろガラルマッギョを処理する為にミュウを使うまであります。

頑丈なガラルマッギョにシールドを強要できるうえ、基本的に対面を抑えられるというのが本当に強力です。

また、流行りのチャーレムやスリーパーといったおなじみの面々に圧力をかけていけるのも強みと言えるでしょう。

耐久が心許ないので、どうしてもシールドが必須となってしまいますが、万能枠としての器用さは依然としてあります。

また、ドラゴンクローなども搭載可能なので超高回転ミュウを作る事も可能です。

強技のラインナップは以下の通り。

是非試してみてください。

技名威力Eチャージ量(その他)E消費量タイプ
シャドークロー68(2ターン)ゴースト
ボルトチェンジ1216(4ターン)でんき
ドラゴンクロー5035ドラゴン
なみのり6540はがね
いわなだれ7545かくとう
サイコショック8445エスパー
ワイルドボルト100自身の防御2段階ダウン45でんき
ニトロチャージ65自身の攻撃1段階アップ50ほのお
オーバーヒート130自身の攻撃2段階ダウン55ほのお
※威力はタイプ一致込み

その他くさむすび、あくのはどう、マジカルシャイン、きあいだまなどを覚えます。

昨今ではガラルマッギョ対応の為なみのり+ワイルドボルト型が多く、ある程度ニョロトノやペリッパーなどの万能水枠にも対応していける為、相対的に強くなっています。

扱いは難しいですが、ハマると想像以上に強いので是非今のうちに練習をしてみてはいかがでしょうか。

【番外編】トロピウス

トロピウス

トロピウスはガチポケの中でも超上位に君臨していると思われる有能ポケモンです。

耐久よし、技よし、タイプよし。

と三拍子そろっています。

シーズン6ではガラルマッギョ・ペリッパー・トロピウスというガチパも誕生しました。

はっぱカッターがナーフされてもはっぱカッター型がしぶとく生き残っていたり。

エアスラッシュ型で運用されたり。

とにかくその強さは折り紙付きです。

特に、みず・くさ・かくとうと見れる範囲が非常に広く。ガラルマッギョも油断しているとやられてしまいます。

そんなポテンシャルの高いトロピウスですが、使用率が実は高くありません。

理由は簡単で、獲得できる時期が非常に限られていた為です。

このポケモンは湧きの範囲が非常に狭く、かつ国内イベントでは一回しか登場していないガチポケの中でも一番のレア枠。

まさに格差の権化とも言えるポケモンです。

ですので、上位は使っている人が多いですが全体母数から見るとそもそも使える人が少ないという事で、リミックスでの仕様可能枠入りは確実なポケモンです。

恐ろしい。

対策は必須なレベルになりますので、ほのおポケモン、こおりポケモン、毒技の採用を検討しておきましょう。

今のうちに試行錯誤を

私は先日から制限を設けてスーパーリーグに潜っています

理由は単純で、構築力を上げたいからです。

縛りを作る事で普段触っていないポケモンにも触れますし、実力も上がります。

対応策も使ってみることで判るようになります。

この様に一石二鳥どころか三鳥の様なお得感。

是非、序盤のうちに触ったことの無いポケモンに触れて新しいパーティを構築してみてください。

きっと特別レギュレーションが好きになりますよ。

コメント