仕事のストレスを抱え込まない! 忙しい自分を捨てる方法!

仕事

ちなみにこれを書いている僕自身はですね、二日で32時間ほど働いていて
睡眠時間は2時間程度です。

僕が声を大にして言いたいのは
こういう社畜にはなるな!

という事です。当たり前ですね。

今回は社畜にならない防衛策について語ります。
出来る人は出来ます。

断れる人間になる、です。

スポンサーリンク

絶対に気を付けろ! 会社の仕事を断らない人体質!

できるとできないでは違う! 仕事を断るという事。

冒頭言ってますが、まず断るという動作を身に着けて下さい。

何故かというと、仕事はやる人のところに集まってきます。
そして必ず物理的な限界量が来るのです。
それは消化することもできずにどんどんと積みあがっていきます。

貴方が断らないイイ人だから。

しかし過剰に来る仕事はどこかで見切りを付けなければなりません。

基本的に仕事を抱えすぎる人は、責任が強く頼まれるとNOと言えない人間です。
私が未だににそうです。

私はこれで20代を棒に振りました! 仕事をしすぎた弊害3選! 

圧倒的な拘束時間で身も心もボロボロになる。

会社で仕事をしすぎると何が起こるのでしょうか。
仕事をしているということは、少なくともその時間は会社に拘束されているわけです。
その時間は8時間でしょうか?

いえいえ

朝10時に出社して24時過ぎの終電で帰ってるよ。
1日13時間の労働と1時間の休憩、そして2時間の通勤。
16時間を会社で働くために費やし、残り8時間の内訳はどうしますか?

結構残ってると思いますか?
そう思ったらあなたは立派な社畜です。
今すぐその考えはやめましょう。

休まないと心身を使いつぶします。

いつの間にか無趣味になっている! 超危険信号!

長時間労働になるともちろん自分に使える時間は減っていきます。
好きなアーティストの音楽を聴かなくなりますし、月曜から夜更かしも見なくなります。
最近の流行の俳優を覚えられなくなりますし、いつの間にか世界陸上やオリンピックが終わっていたりします。

そしていつの間にか、趣味がなくなっているのです。
だって昔趣味に漬かっていた時間を仕事に充てているから。

休日が予定なしになる! いつ仕事が入るかわからない恐怖!

会社のエースとなった貴方に訪れるのは、土日に予定を入れなくなるという究極のプライベートつぶしです。

だっていつ仕事が入るかわからないじゃないか、怖くて予定なんて立てられないよ!

…お前の考え方の方が怖いわっ!

最近休日を意図的に暇にしていませんか?
大丈夫ですか?

もうこうなってしまうと潰れるまで抜けられません。

超生産の果ては孤独! 誰も貴方についてこれなくなる。

仕事をやりすぎることで出る弊害! もはや負のループ!

エースから社畜エースへレベルアップした貴方には次々と相談が舞い込みます。
いつの間にか通常の業務から、お悩み相談、果てはゴミ出しまで増えているかもしれません。

なぜ自分でやりすぎてしまうのでしょうか。
周りからの評価が落ちるのを恐れているからです。
断ったら誰かに恨まれるんじゃないかとか、悪い噂が流れるんじゃないかとか
常にびくびくして生きているからです。

そうしてどうにかこうにか満身創痍で積み上げた信用。
しかしこんなのは実は砂上の楼閣なんですよね。

信用は一瞬で消えます! 抱えすぎた結果起きたこと!

抱えすぎた結果、ついうっかり1案件の進捗を確認し忘れて、報告すべき時間を過ぎてしまう。

そうするとどうでしょう、
前回納期を守れなかった子にはこの案件は難しいかな?
と自分の知らないところでうっかり積み上げた評価が崩壊してしまうわけです。

その結果一番頑張っているのに、評価をされない人物が誕生してしまいます。
もともと仕事を振ってきた人たちが早々に帰っている横で、貴方は馬鹿みたいに仕事をこなして、たった一個ミスをしただけでその評価がガクンと下がってしまう!

はっきり言ってコスパ悪すぎだ!

忙しい自分を捨てる! 区切りを意識すること!

忙しさを選択して持つようにする! 重要なのは守る事。

年中暇も困りますが、年中忙しいのもなかなか曲者です。
しかし、人間休まないとパフォーマンスを発揮できないのは周知の事実。
忙しい時は忙しくてもいいんです。

でも、それは選択して持つことができます。
逆説的に断るという動作を選択肢に入れることで。

来た仕事を全て引き受けているなら、
次に来た仕事を断って、水曜だけは定時で帰ってください。

ルール化していくことで回りもあの人はそういう行動範囲なんだ。
とインプットされていきます。

これが仕事を減らす第一歩です。

自分の時間を持とう! 今の会社以外にも居場所はあります!

会社の拘束時間が増えるとそれが当たり前になって、滅私奉公の極致みたいな状態に陥ってしまいます。
しかし、それで増えるのは先ほども話した通り砂上の楼閣の信用です。

だったら、自分自身に時間を使った方がよほど有意義ではないでしょうか。

少なくとも勉強をしていれば知識というリターンを得られますし、
新しい知識を持って転職する方がよほど年収が上がりやすいです。

一つ所に骨をうずめるつもりで働き続けるのは土台無理なのですから。
クソ真面目にすべてを引き受けてまで、自分の未来まで使いつぶすことは無いですよ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました