バーナム効果とは 偽実験と嘘の回答から自分自身の身を守ろう!

心理学・人間関係

「あなたは一見リアリストですが、心の奥底ではロマンチストですよね」

「あなたはがさつで大雑把に見えますが、その実心の奥底では実に繊細で丁寧ですよね」

上の文章を見て『あ、自分結構当てはまってるかも』と思った人は読み進めてみましょう。

きっとそれは、『バーナム効果』が働いているから…。

といった内容の記述には、嘘があるかもしれません。

闇の人格
闇の人格

えっっ、嘘なの?

バーナム効果というのは広く普及はしていますが、なぜか定義が浅くなっていたりして、元のバーナム効果と違ったものが広がっています。

というわけで今回はバーナム効果の解説です。

何処がよく見かけるバーナム効果と違うのか、よく見ていって下さいね。

併せて読みたい、よく勘違いされている豆知識シリーズはコチラ。

この際一緒に覚えて、豆知識を増やしちゃいましょう。

スポンサーリンク

バーナム効果とは

バーナム効果とは、何らかの実験を経て『被験者に実験とは関係の無い内容』を渡された時に「私の事だ! あたっている!」と思い込んでしまう現象の事。

アメリカの心理学者バートラム・フォアが提唱した為、フォアラー効果とも言います。

この実験は単に、相手に対して当てはまりそうなことを言う、キャッチの様なやり方ではありません。

事前に心理的な検査を施します。ようは事前アンケートですね。

そして、その結果とは関係なく、被験者に情報を与えます。

例えば深層心理を探るアンケートと称して、幾つかの質問に回答してもらいます。

その後、アンケートを回収しこれが結果ですと被験者に返すのです。

「あなたは、普段明るく振舞っているが、心の奥底では闇を抱えて生きている」

すると被験者は「実験の結果言われている事だ、すごくあたっている」と思い込んでしまうわけです。

実際には回収したアンケートと結果では、全く因果関係が無いのです。

ちょっと実験をする側の意図が見え隠れしますよね。

こうして、実験の結果それが導き出されたんだと思わせる事によって、相手の「私にすごくあてはまっている」

と思わせるのがバーナム効果です。

また、この時試験実施者の権威性が高いと、被験者が情報を信じやすくなるという傾向があります。

偽物のバーナム効果解釈

よくバーナム効果の説明に、星座占いや血液型占いをあてて解説しているところがありますが、これは厳密には大抵間違いです。

バーナム効果は先ほど取り上げた通り

1.意味の無い偽りの実験をする【偽実験】

2.実験の結果かの様な結果を被験者に返す【偽回答】

3.その工程により、被験者がその結果を自分の物であると思い込む

という物なので

『誰でも当てはまる様な曖昧な分析結果を、自分だけに当てはまるものだと捉える心理的な現象』

実験を経ていない、もしくは実験結果に基づいて返答された内容の場合はバーナム効果に当てはまっていません。

偽テストがあって結果を返すことで、初めてバーナム効果となるのです。

『テストがあったから、この結果は本物だ』

と信じようとする効果。ということです。

ただし、後半の『誰にでも当てはまる』という部分を広められ過ぎた為、ここだけを抜き出してバーナム効果と解説していることが異常に多いのも現実です。

バーナム効果の利用方法

バーナム効果を利用しているとは言い難いですが、ちょっとブラックな事を書きます。

例えば簡単なアンケートや占いのサイト。

幾つか選択肢を与えた上で、最後に数種類の中から、結果を返してくれますよね。

中には血液型占いの様に4種類程度しかない物も。

あれ。事前のアンケートや心理テスト、関係していると思いますか?

勿論ちゃんとシステムを作って、リンクさせているところもありますが…。げふんげふん。

はい、この様に、バーナム効果がある事を知っていれば『事前テストと結果に因果関係が無いかも』と疑う事ができます。

これが被験者としての使い方です。

『因果関係を疑う』事ができる様になるのです。

さらに、偽の実験を伴わない誤用の解説が多いので取り上げます。

例えば、会話相手との距離を詰めるのに使う場合。

誤解釈から成り立つ活用方法

A「最近上司の風当たりが強くって、自分だけガミガミ怒られてるんじゃないかって」

B「わかります、ぼくもそういうことがしょっちゅうあるんですよ」

A&B「お互い辛いですよねー」

と実際には誰にでも当てはまりそうなことを言う事で、相手との距離を近づける。

これは、解釈するなら同調効果や同情を誘っているだけに見えます。

しかし、何故かバーナム効果の解釈にはこうした活用方法の記述が少なくありません。

つまり前半で説明した事。

勘違いだってそれ。

しかも、こうした使い道の多くは『誰にでも当てはまりそうなことをさりげなく伝える』で相手の言動を誘導するのです。

アカン。

バーナム効果は偽実験と偽回答から成り立つので、基本的に『使う』というシチュエーションがあまりありません。

活用するとすれば、相手の考え方や言動を誘導する為に行う物。

もしくは何らかの詐欺的な手法が必要な物にでしょうか。

活用の現場を求めるには、ちょっと扱い辛い解釈だという事です。

ここまでに記載した通り、心理学はとりあえず知っていれば自衛手段になりえる。

というのは常々伝えていますので、自分からはあくどい仕掛けをしない様に、そして誰かを守るために考えてみて下さいね。

闇の人格
闇の人格

最近心理学掘り下げると

使い道微妙なのが多いと感じるわ

はむらいと
はむらいと

自衛、自衛手段

知識として使おう

コメント

タイトルとURLをコピーしました