リトルカップ50戦の所感とデータ たいあたりドーミラーの強さについて

Pokemon

リトルカップ二日分のデータと所感。

そしてたいあたりドーミラーで40戦、のこり10戦をねんりきで戦ってみましたので、その違いや感想などを述べていこうと思います。

一度運営側で取り入れたので、今後もCP500以下カップは不定期に開催されていくと思います。

今回は運営側で合法的にツボツボとソーナンスを禁止指定にしています。

しかし、それにより使えないポケモンも出てきていますので、個人的には名指しでツボツボ、ソーナンス、ソーナノ、ドーミラーを禁止にすれば敷居も低くなるんじゃないかと思っています。

そういえばバグの簡易対処でオムナイトも禁止になったらしいですね……。

というわけで、類似レギュレーションの今後の実装を期待しつつ今回のリトルカップの傾向を確認していきましょう。

スポンサーリンク

50戦の色々な統計

初手起用について

アローラサンド

初日のランク1~の50戦となりますが、気になるポケモンの初手採用数だけお見せします。

ポケモン初手回数
超ドーミラー9
体ドーミラー1
モノズ8
礫パウワウ4
舌パウワウ1
モンメン4
サンドA3

なんだかんだドーミラーが一番多いですよね。

そのドーミラーに勝てるモノズが多く、何故かドーミラーに勝てない礫パウワウが居るという謎の構図。

全体としてはモノズとモンメンを見れるから礫の方が扱いやすいという考え方か。

そして貴重なアローラサンドは多分愛好者は必ず初手に置いているのでしょうね。

つじぎりがとてもやっかいです。

採用率について

50戦してまったく見ないソーナノ、ドーミラーと対を成す二強の筈ですが、50戦で2体しか見れませんでした。

育成コストが高い事、個体値がしっかりしていないとカウンターの逆ブレイクが発生することなどが原因でしょうか。

もしくはゴースト系が思ったより流行っているとか。

フワンテをそこそこ見ますからね。

意外な伏兵について

ツチニン

意外な伏兵として挙げられるのは、先ほども触れたアローラサンドです。

こなゆき・つじぎり・ジャイロボールで広い範囲が見れるので注目されています。

ドーミラーも追い込むのがおそろしいですね。

その他チョロネコの火力やツチニンの火力が注目されています。

いずれもペラッペラの耐久ですが高速でドーミラーを削っていく姿は爽快です。

ちなみにツチニンはねんりきドーミラーに負けます。

しかし、むしくいがそこそこ入るのとたいあたりドーミラーに対しては強く出れるのがいいところです。

そこでこの話題。

たいあたりドーミラーって実際どうなの?

ドーミラー

結論から伝えますと。思ったほど強くはないです。

というか弱くなっている気さえします。

以下にその理由を述べていきます。

使用感としてはTRIPんさんの動画も参考になると思います。

リトルカップ開幕☆たいあたりドーミラーって強いの?【ポケモンGO】

ミラーがそこまで圧倒的ではない

もともとドーミラー同士の対決で有利というのがたいあたりドーミラー採用の理由でした。

しかし同一個体の対戦結果を見て下さい。

ドーミラー対ドーミラー

これ、言う程勝敗代わりますか?

確かに後続に対して余裕をもって技を打てますし、対面上は有利をとっています。

ターンずれが発生するCCTなどの技術起因もあるとは考えれますが失敗すると結構たいあたり側も追い込まれるんですよね。

そして突破時にこれだけ僅差だと逆に起点にされて勝負を落とす可能性すらあります。

だからドーミラー同士ではそこまで変わらない。

という事も言えます。

ちなみにシールドを貼らない時のHP差は17。

さらにエネルギーも貯まっていない為後続がパウワウだった場合、たいあたりドーミラーはそのままなめ落とされます。

さらに、たいあたりドーミラーを使う場合チャージターンの関係でヘビーボンバーよりもサイコショックの方が効率が良いようです。

使う事を検討している人はその点も覚えておきましょう。

モノズ攻略も楽ではない

ドーミラーはそもそもモノズと対面しないのが理想です。

たいあたりドーミラーはモノズに勝てるという触れ込みですが、下記結果を見て下さい。

りゅうのいぶきがブレイクする適当なモノズにドローに持ち込まれています。

ドーミラー対モノズ

もし初手同士で対面してしまった場合は、モノズに対して引ける構図を用意しておかねばなりません。

これはドーミラー側の個体値が低いとそのまま押し切られて負けてしまいます。

というか、普通は負けます。

シールド1枚同士というよくあるシチュエーションでです。

これでは対策したとは言い難いですよね。

一応シールド0枚、もしくは2枚同士では有利になりますがそれも絶対ではない為ドーミラー側もリスクを負う事は間違いありません。

やや有利になる。

程度の違いでしかないのです。

モノズ以外に弱くなる

そしてこれが一番まずいです。

たとえば、ロコンと勝負にならなくなったり、ドジョッチと勝負にならなくなったり。

ドーミラー対策で互角になりうるポケモン達に、簡単に負ける様になってしまいます。

ねんりきは威力が高くチャージも早いので対抗できていましたが、たいあたりの技性能はすさまじく悪いのでこういった逆転現象が起きてしまいます。

そしてたいあたりはノーマルタイプですから、フワンテと当たった日には即終了です。

まるでカビゴン対シャドークローギラティナの様。

モノズと当たるよりも、むしろ他で損している機会が多い。

というのがたいあたりドーミラーを40戦分使った結論です。

ちなみに、たいあたりにした場合開店の問題でソーナノにも負ける様になります。

こうして考えるとデメリットがかなり大きいですね。

ドーミラーは何処で使えばいい?

ソーナノ

初手ドーミラーが目立ちますが、モノズなどの悪タイプの保管として二番手に潜ませておく方が相性が良かったりします。

たいあたりドーミラー自体は消して弱くはないですが、器用貧乏感がぬぐえないというのが感想です。

サイコショック1発を放つのにも23ターンチャージする必要があり、技の打ち合いで負けることも多いです。

ドーミラー同士の対面で、片方がたいあたりだった場合スイッチすれば戦況がひっくり返る事がままあるので、そこまで脅威ではないと言っていいでしょう。

コメント