初頭効果の心理を学ぶ 人は第一印象でどれほど評価が決まるのか

仕事

残念ですが、人は第一印象で全てが決まります。
今どう思いましたか?
「そんなわけねぇよ!」って思いましたか?

どうなんでしょうね?
本当に否定しきれましたか?

結構、人間って最初の印象を変えられな生き物ですよ。
自分ですら、操るのは容易ではないですから。

初頭効果を知って、その大切さを有耶無耶な理解でなく
確信に変えてください
今回はそんな内容です。

スポンサーリンク

初頭効果 第一印象=イニシアチブである

この人好きになれそう!

初頭効果とは

初めて会う人間に対して
一番最初に与えた情報が、その後の関係構築や理解に影響を及ぼす。
というものです。

社会心理学者ソロモン・アッシュによって提唱されており
その際実験結果も残っています。

A. intelligent-industrious-impulsive-critical-stubborn-envious,
B. envious-stubborn-critical-impulsive-industrious-intelligent.
The meaning of the other words in this list also change in the majority of subjects between list A and list B. Words such as “impulsive” and “critical” take on a positive meaning with A, but a negative meaning with B.
wiki原文を引用、一部抜粋

こういった架空のAさん、Bさんの特徴を用意します
A.知的 – 勤勉 – 衝動 – 批判 – 頑固 – 嫉妬
B.嫉妬 – 頑固 – 批判 – 衝動 – 勤勉 – 知的

被験者に
「AさんBさんのどちらの印象が良いか」
と尋ねた結果、大多数の人間がAさんが印象が良いとの答えになったのです。

しかし、よく比べてみたら分かる通り
持っている特徴はAさん、Bさんともに全く同じだったのです。

はむらいと
はむらいと

あれあれあれ?

皆さんもこの様な経験がないでしょうか?

仕事のできない新人が、ある日突然仕事ができるようになった
客観的に見れば、評価に値するレベルの事をしているのに、中々褒められない。


とか

クラス替えのあとの最初の自己紹介で、やたらイキった自己紹介をしたやつがいた
その時からイラっとしており、その後どんなに勤勉な態度を取っていようが中々認められない。


など。

これは両方とも
第一印象のマイナスの評価が、その後の評価に影響を与えている一例です。

逆に
第一印象の良かった人とは
その後もうまくやっていこうと自分から誘っていったりすることがありませんか?

はむらいと
はむらいと

第一印象が良かった人物に対しては
その後の評価を甘くしてしまうのが人間です。

その後変な噂を耳にしても
「そんなわけないじゃん」
と聞く耳を持ちません。
これは最初のプラス評価が、あとの客観性を見失わせている一例です。

容姿が良い人が得をするのは、この辺にカラクリがありますね。

自分の評価を曲げたくないと言った一面では
一貫性の原理

最初の評価の印象が強すぎて尾を引いているといのであれば
アンカリング効果

などが影響していますね。
心理学というのは結構隣の現象が補完し合っているものも多いです。

戦いは第零手から始まっている

さて、この記事の前は
3回連続でインターンシップについてお届けしています。

インターンや面接など
仕事の現場では常に「初めまして」が発生しています。

そう…!

この時点で大なり小なり、差ができているというのが
前述までの内容から、お気づきですよね。

面接訓練で部屋の入り方から去り際まで
きっちり指導を受けるでしょう?
髪を整えろ、襟を整えろと
口を酸っぱくして言われるでしょう?

全部この為なんです。
人間皆、本当は初頭効果が大事だって本能的にわかってるんですよ。

何を第一に行動すべきか

第一印象で個人的に大事だと思っているのは
笑顔・清潔感・うるさくない程度の大きな声・そして握手です。

このコンボを決められた時のお相手とは
大抵その後もうまくいきます。
メチャクチャ効きます。

勝手に相手方がそういうものだと認知してくれているので
特に取引先だとボロが出にくいです。
あんまり会わないので(笑)

これって結構重要なポイントで、最初の印象がずっと残るという事なんですよ。

想像してください
陰キャでうさん臭いよりは
笑顔でうさん臭い方がいくらかマシです。

なので、笑顔を前面に出していきましょう。
演技でいいんです。
裏で鬱で泣いていても良いんです。

仮面さえ剥がれなければうまくいきます。
それぐらい第一印象ってその人のキャラクターを決めているんですよ。

外見は自分が一番理解しやすいご褒美

よく中年男性に求められるのは清潔感ですね。
また、知的な人は清潔感に気を使っている人が多い印象です。
嘘です、『清潔感がある人は、知的に見えている』のです。

この清潔な印象を残すことこそが
色々な場面で人との交渉、悩み相談等を有利にしていくのです。

自分の外見にそこまで気を使っていないという人は
髪型や、ネクタイの角度、ズボンの丈やカッチリ具合だけでも整えてみましょう。

今までと違ってみられるはずです。

近しい人間に「今までと違う」と言われたらば
それは初対面での印象が大きく上昇している証拠でもあります。

自分でもう一度冷静に鏡を見て
外見的な自分磨きをしていきましょう
凄くわかりやすく変わってきますよ。

ファッション:もっと腕にシルバー巻くとかさ

巻 き ま せ ん が。

という感じで、初頭効果の大切さについて今回は語ってみました。
整形やシミ取りなども一種の手段ですし
努力の方向性を間違えなければ、第一印象を良くするというのは
何処に行ってもマイナスになりません。

・人はほぼ第一印象に引きづられ手評価を下す
・世の中には「はじめまして」の分だけチャンスが転がっている
・笑顔、清潔感、通りのいい声、握手を大切にする
・まずは外見から気を使ってみる
・腕にシルバーを巻く

今日はこのポイント部分だけお持ち帰るください。

第一印象に対して、努力のできる自分を作り上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました