雨の日は憂鬱じゃない ヒーリングに最適な雨音を逃すな!

仕事・人間関係

梅雨の季節に読みたくなる記事を、皆さんにお届けします。

梅雨は雨が多くなって外出になるのも億劫になりますよね。
でもそんなことはありません、雨には自然特有の癒し効果があるんです。

意識して雨を楽しめれば、雨の日も晴れの日も楽しめる
スーパーな人の誕生です!

雨音を聞いて、貴方の心の疲れを吹き飛ばしてみませんか?

この記事を読み終わる頃には少し、雨を好きになっていてくれると嬉しいです!
では参りましょう。

スポンサーリンク

自然の音は体と心を癒す!

1/f揺らぎという魔法

雨の滴る音、波の揺り返し、川のせせらぎ、気が風で揺れる音。

自然界を彩る色々な音達。
美しいけど何処か不揃いな音達。

どれも最高に気持ちがいいですよね

はむらいと
はむらいと

この記事を書いてるだけで癒しになります。

何故これらの音はあれほど気持ちがいいのでしょうか?

実は
これらの自然界の音は1/fゆらぎというリズムを刻んでいます

1/f?なんぞや?
って思うでしょう。というか、読みづらい!

1/fというのは生体信号が発するリズムだと言われています。
心臓の鼓動や、生命パルスの発するものも1/f揺らぎに属していると言われます。



生命活動自体が1/f揺らぎという枠になっている為
我々に最も身近で心地よく聞こえてくるというわけですね。

本来体の内側にで無意識に感じるリズムですが
外側の刺激によって五感を通してこれらが体にもたらされると
自律神経を刺激し、正常に整える働きがあるとされます。

気分とかではなく、物理的に癒されているというわけなんです!

むか~し流行った言い方ですがα波。

1/fゆらぎの音を体が受け取ると
脳からはα波が出るらしいです。

α波というのは主にリラックス状態の脳で観測される波形で
どう解説しても癒しに結びついちゃうわけですよ。

これはすごい!

雨の音の魅力にもっと迫る

僕たちが日常何気なく聞いている
雨音というのは、一音一音しっかり聞こえるものではありません。

え、そんなことないって?
ではちょっと想像してみてください。

目の前にはちょっと前方が白く見えるくらいの密度で雨が降っています。

ざーっ…

ざーっ……


どうですか?
一連の途切れない動作のように聞こえていますか?

もう一度、今度は目を閉じて
想像してみましょう、頭の中で「ざーっ…」と唱えてみてください。

ざーっ…

ざーっ ……

聞こえますか?
大量の雨粒がカーテンになって、貴方の周りを際限なくダンスしている様が

これはホワイトノイズと呼ばれる現象です。
実は、とても癒しに効果のある音なのです。

ホワイトノイズというのは
人間の聞き取れる領域の音が均等に入り混じって聞こえる音なんです。
低周波から高周波まで、ほぼ均等に入り混じっている為、
テレビが映っていない時の砂嵐の様に一定のノイズとして聞こえます。

そして、適度な高周波の混じりは脳にリラックスを呼び込みます。
大雨の日に窓を開けて、その音に癒されたことはありませんか?

先ほど想像した雨のカーテンを思い起こしてみてください。

うーん、気持ちいい

これがホワイトノイズが持つリラックス効果です。

ホワイトノイズにより取り込まれた高周波は
血液の流れをスッキリとさせ、それによって頭の回転率も上がります。

夜の大雨の日に、何気なく窓を開けて冷たい風が入ってきた
でもそれ以上に雨音でテスト勉強がはかどった思いがありませんか?
これもホワイトノイズの効果ですね。

はむらいと
はむらいと

雨音、気持ち良すぎる

自然の音が、血液の沸騰を防ぐ

頭に血が上る
と表現されますが、
実際に人間は怒るとアドレナリンが分泌され、体がこわばり、血液はドロドロになります。

しかし、雨音をはじめとした、自然界で演奏される1/f揺らぎのミュージックを聞くことで
自律神経が正常に戻り、体も正気を取り戻すのです。

血液の観点から見ると、アンチエイジング効果もありますよ。奥さん!

考えてみると自然に適応して来た筈の人類ですから
一番長い時間を付き合ってきた自然の音、匂、感触それら自体を癒し効果にすることを会得していても
なにも不思議ではありませんね。

自然にかえるというのは再生ジャンルでは当然の帰結かもしれません。

休憩時間に引きこもらないで 雨でも散歩をする

僕は3年間で約1万キロほど歩いた経験があります。
当然、雨でも真夏日でも、雪の日でも一日10km歩いていました。

知り合いからは結構馬鹿にされました。
しかし、それだけ歩くことによって得た確証があります。

日本に四季があってよかった。
それは
全ての天候に良いところがある。ということです。

猛暑には猛暑の
大雪には大雪の
そして雨の日には雨の日の
良いところが存在します。

貴方も苦手な天気の巣的なところを見つけに散歩へ出てはどうでしょう?

天気という自分の力ではどうしようもない大きな現象も
全ての良いところを知って味方にすれば、どんな日でも警戒に歩くことができます。

なに、多少足元が濡れるだけです。
ならば思いっきり癒されてやろうではありませんか、この雨音に。

凄く気分が洗われますよ。

おまけ

豆知識:降水量だけなら梅雨よりも9月の方が上回っている年が多い。

はむらいと
はむらいと

役に立たない豆知識ってステキね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました