時間がないところからひねり出す 時間が欲しい人の為の作り方と考え方

仕事術・心理学

タイトルに反するようですが、時間は降って湧いてきませんし、待っててもプレゼントされません。

それどころか人の頼みごとを聞いていると、無限に減っていきます。
時間通りに行動できない人に付き合っていると、数十分ずつ削られていきます。

だから常々、遅刻は悪だと言っていますし、決断が遅い人間は仕事ができないとも言っています。

スポンサーリンク

時間泥棒さんから身を守って時間を作る方法

ここの時間泥棒とは、人的要因ですよ。
自分も含めてね。

電話を短くする

ビジネス系の電話は、話が弾むと長くなってしまうものです。
しかも無意味に。

中には電話を休憩代わりに使っているんじゃないか、という猛者の方もいらっしゃいます。
巻き込まれた方は損しかありません。

上司にモノをうかがう時も、部下に指示をする時も、内容を事前にメモっておくといいでしょう。
「確認は4件なので、一つ1分あたりでご意見を貰えれば」

といった感じですね。
電話を短く、というよりは電話に割く時間を固定して、最適化していく。
が近いイメージかも知れません。

仕事を一定量断る

これは昨今の自由なワークスタイル、『残業撲滅』で意識されています。
そう、仕事は一定量断りましょう。

量というか、量もそうなんですが人を見分けましょう。
一番危ない例を先に挙げますと。

「あ、コイツ仕事押し付けられるタイプだ」
と認定されるのが一番まずいです。

下手をすると毎日23時、24時。はては朝5時まで残業するコースになり、
「感謝してる」と言っても口だけ。
時間的なリターンは返ってきません。

『時々仕事を断る人』
になっていれば、向こうも断られることにエネルギーを使うのを本能的に嫌がる様になり、軽作業を無意味に積んでくることも無くなります。

実は、仕事を頼んでくる人は、頼みやすい人に頼んでいるだけ。
その人の専門性の高さじゃなくて、人格や立場を利用していることが多数あります。

あなたも思い当たる節がありませんか?

その代わり、本当に困っている時は助けてあげましょう。
その時の印象が強く残りますので。

どちらにしろ『全部助ける』は相手の為にも自分の為にもなりません。

いつも5分集中できるものを持ち歩く

コレは対遅刻用の対策なのですが、常に何か短時間で区切れるものを用意して移動してください。

僕からは、読みかけの文庫本がベストだと提言します。
ネット環境は誘惑が多いので、アナログな本の方が都度の目的がしっかりしており、一点集中ができるからです。

「そんなことはない、俺はケータイでも大丈夫だ」

という人は電子書籍でもイケると思いますが、果たしてどれだけいるのか。

例えば、電子書籍をスマホで読んでいると、ふいに連絡が。
通知バナーが出た途端に、そのアプリを開いていませんか?

そうなってしまうぐらいなら、アナログの書籍の方がはるかに集中できますよね・
それさえなければ大丈夫です。

ボクハムリデスケドネ。

いつも待ちぼうけしている時間を使って、知識のインプットなど実に有意義ではありませんか。

隙間時間を見つけると、結構本を読む時間ってあるものですよ。

時間は細かく区切る

作業時間は細かく区切りましょう。
ルールを設けるのです。

集中力も
「50分作業と10分休憩が良い」
「いやいや、30分毎に5分休憩だ」


など色々ありますが、結局本人に合ったものが最もオススメ。

本人に合う集中時間の算出については、こんな感じがオススメです。

最初はケータイのタイマーで30分、他の事をせずにやりたい事だけやる時間を設ける。

試験的に30分の作業を何回か行い、自分の中でその時間が多いのか少ないのかを判定してみましょう。

私は集中が20分程度しか持たない為、下記の様な15分の自然タイマーを置き、やる方法が最も適しています。

即ち、砂が落ち切ってちょっと作業をしたら終了。
砂が落ち切って15分キッカリでもいいや、くらいです。わりとユルユルです。

その代わり集中力の密度は、今後も上げていきますけどね。

こうすることで作業ごとの集中力も上がって、数十分毎のケツも決まっている為締め切りに合わせて細かく能力を振るえるというわけです。

しかも自分の時間に対する概念もより細かく設定できる様になり、至れり尽くせり。
集中力アップと時短の為に、どんどん取り入れていきたい手法です。

自分の中の時間泥棒ツールを控える

要するにこれは携帯電話の事です。

現代人の多くはこれに当てはまり、スクリーンばっかり見ている筈。
当てはまらない人は、テレビですね多分。

こういった時間泥棒ツール・ガジェットをまず半分以下に抑えましょう。

特に要注意なのがSNSのタイムラインとテレビですね。

情報が勝手に流れてくる為、なまじそれだけに囚われてしまいがち。
しかも情報を「取得している気になっている」
という罠付きで。

これを読んでグサグサ来る人は、本能的に無駄だとわかりつつやっているので、まずは半分にしてみましょう。

見るドラマを半分未満にするとかね。
Twitterなら決めた時間以外触らないとか。
色々やり方はあります。

ってか時間を作るだけが目的ならこれが一番効果ありますよね。

闇の人格
闇の人格

これって完全に自分の為に書いてるわよね?

はむらいと
はむらいと

そうです、戒めですよ!

あなたも、気を付けてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました