仕事に行きたくない 無理やり行ってみることで得られるものは?

仕事

今回の記事は時代に逆行した
仕事に行きたくない時に仕事に行くメリット
です。

仕事に行きたくない=精神の話なので
この話の結論は精神論に行きつきます。

しかし、精神論から習慣化と構築していけば
いまより強い行動力と、
窮地に陥った時の確固たる自信に繋がります。

自信は成功への大きなファクターです。

絶対にやり切ってやる!
という覚悟を思い出しましょう!

記事の結論だけさっさと知りたいという人は一番下の小見出しまでワープしてください
まとめました。

スポンサーリンク

仕事に行きたくなくても無理にでも行くメリット

時間を守るのが最も難しく、そして価値があります。

行きたくないの症状が軽い場合に休むべきか

この記事が鬱対策の記事なら
あるいは「休むべき」と答えるところかもしれません。

しかし、本来これは「NO」です
力いっぱい「NO!」です

何故なら
『行きたくない』は段階としていつも発生するものだからです。
なので、今回の記事はあえて初期段階と捉えています。
まだ自分で負荷をかけていける時期です。

筋肉も心もオーバーワークで壊れてしまいますが
『ズル休み』をすると『鍛えた個所が衰えてしまいます』

今日の感情はどっちですか?
あるいは、『ズル休み』の人格に支配されて
認知が歪んでいませんか?

客観的に見てどちらか、もう一度確かめてみてください。

行けるなら多少負荷をかけていきましょう。
負荷ゼロの人生は憧れますが
基本的にそれらは別の努力がガツンと必要になります。

逆に
朝、『会社行きたくねぇ、本気で』
となった時に、辞める判断基準について述べた記事となります
是非あわせて読んでみてください。

趣味も仕事も結局修行

苦しくない仕事は無いです。
と言いきっちゃう人も
そんなわけない!という人も。

まぁまぁまぁ
趣味だって仕事だって修行パートは必ず存在します。

修行が苦しくないドMさんならつねに快楽かもしれませんが
『絶対に辛くない長期的な取り組み』
というのはありえない物です。

なので
自分は平常時どれくらいの辛さまで耐えられるのか
という漠然とした理解は必要です。

昨日恋人と別れてガチで辛いから会社に行けない
とか
現金が不意に2万円ほど消えてテンションダウンで辛い
とか

人それぞれ翌日まで引きづるラインが違います。
どこまでなら耐えられるラインでしょうか?
一度想像してみてください。

想像できた範囲は
『乗り越えられる』と思い込ませていれば
何とかなります

何故なら、それは今の実力で想定しうる範囲だからです。
そして、想像できる範囲であれば解決策も何となく想像ができます。

体力が足りないなら早く寝るとか
人が足りないなら集めてもらうとか
自分の行動範囲内でも
自分の行動範囲外でも何となく想像ができる筈です。

そして、乗り越える姿が想像できる
ちょっと栗しいけどなんとかできるのであれば
それを成功体験に変えてください。

成功体験に変え
脳の報酬系を刺激することで
行動に対するパワーが生まれる様になり、より強い刺激に耐えられるようになります。

これは筋力トレーニングや一日の計画を立てる時でも同じ手法が使えます。
成功する自分、乗り越えた自分を想像し
トレーニングを続けていく事は
後々の結果に大きく差が出てくることになります。

習慣化についてはこちらの記事で

一貫性の原理の注意点と使い方についてはこちらで特集しています

はむらいと
はむらいと

この時に乗り越えられない試練や
最悪のケースを想定するのは、この段階ではやめましょう

現実に起きそうなレベルで、なんとかなるもの程度にとどめてください

いつかそれが 割れない最低値になる

割れない最低値というのはつまり
貴方が獲得した信頼できる
調子が悪くても発揮できる能力値です。

どんなに疲れていたとしても

・必ず30分本を読む・新しい事を勉強する
・筋トレを必ず15分実行する
・朝決まった時間に起きる

これが確信に変わるととても強いです。
自分は最低これはやっていけるからなぁと実行できる様になります。

これが本業だけでなく、副業までも割らない最低値を持つことが出来たら最高です。
自分の実力への確信は、こうした小さい積み重ねから発生していきます。

こういった実現を日々認めて
自己の認識を強くしていくと、行動に対する強さを身に着けられるのです。

今回の『無理やり行動する』メリットを解説

・小さな行動から習慣が作れる
・自分が自分で信頼のおけるステータスが作れる
・小さな成功体験を積み重ねられる
・最後は根性論、でもこれが使いこなせれば最強のカードとなる

というわけで、弱い自分を乗り込める為のおまじない記事でした。
とにかく小さい試練だと思ったら何度でも踏み越えてみてください。
踏み越え続けた貴方は、ちょっとやそっとじゃへこたれない戦士になっているでしょう。

はむらいと
はむらいと

以上、ストレスチェックの結果は鬱の基準値なんか遥かにすっ飛ばしているうさぎさんからでした。

鬱を凌駕するほど先に行を積んでおけば
絶対に動けるからね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました