上司は有能? デキる上司かを見極めるポイントと考え方

人間関係

突然ですが、あなたの上の立場の人間って有能でしょうか?
ちょっと相手の能力を、客観的に判定してみたくないですか?

だって、その人が本当に有能だったら、言ってる事は噛み砕いて吸収したいし。
有能じゃなければ、なるべく付き合わない様に過ごすのが適切かもしれませんからね。

学生さんなら、研究室のリーダーやバイトのリーダー、もしくは社員さんでも構いません。
今のうちにちょっとだけ、人を見る習慣を付けとくとイイかも。

闇の人格
闇の人格

あンた八方美人な顔して、誰にも興味ないわよね。

はむらいと
はむらいと

そうなのよ、ほとんど人のこと見てねーのよ(過去)。
でも人間観察はやった方が良いのよ、やってこなかった側から言うと。
信用できる人できない人を、判断できる様になるでしょ。

闇の人格
闇の人格

あンたみたいに、人との深い付き合いを拒否して、
事故を少なくするタイプも居るけどね。

はむらいと
はむらいと

そそ、ただそれよりも、若い時は少しだけ踏み込んで、
見極めを鍛えた方が良いって事。
事故るのもイヤだけどね。

今回の話題に関連した、変な上司シリーズの記事はこちらです。
併せてチェックしましょう!

スポンサーリンク

有能な上司であるかを見極めるチェックポイント

チェックポイント ここを確認しよう!

現場に来た時、程よく空気が引き締まる

上司とお友達感覚、は一定ラインをして無しです。
間柄のハッキリしない関係は、仕事としての関係を瓦解させるからです。

程よく緊張することは、お互いの立場を尊重しているあかしでもあります。
【お友達感覚】を、部下の立場から上司に求めてはいけません。
立場の分の責任を、相手は負っているので。

そこを尊重して、こちらも緊張しましょう。
そして勿論、好かれている・尊敬されていることが前提ですけどね。

以前、森元総理のエピソードで
「小泉さんとは下の名前を呼ぶ仲だけど、在任期間中に『純ちゃん』と言っていたのでは、周りにも国民の皆様にも示しがつかない、公私混同は違いますよ」
といった趣旨のことを話していました。

相手の立場をこちらから敬う事で、初めて築ける信頼関係もあります。
だからこそ、程よい緊張が必要です。

緊張させすぎも、勿論良くないのですけどね。
それではただのプレッシャーなので。

ユーモアが豊富で面白い

ユーモアは人間生活、関係においては非常にポジティブなものです。
特に、人は褒められると大概能力を発揮するようにできているので、褒め上手こそ伸ばし上手と言えます。

だから、下手な誉め言葉でも部下に使おうとしている上司は、マネジャーとしての適性があると言えます。

今は面白くなくても見守りましょう。

成功を勝ち取る力がある

これは、チーム単位として成功を収めているかどうかにあります。
同系統のチームとして、他の処より成果を上げている、競合他社よりも優れている。
といったところが明らかであれば、仕組みづくりの上手い上司と言えるでしょう。

実績は一番のバロメーター。
実績が出ている人は、安心して仕事を共にできる人です。

部下の能力を伸ばせる

部下の能力を伸ばしたり、新たな能力開発を補助できる上司は非常に優れています。
育成において、何が必要かを的確に判断し、必要な助言や環境を与えてくれるからです。

これには適切なフィードバックやアドバイス。
しかも、あなたの能力や趣向に応じた回答が必要で、とても根気のいる作業です。
部下のパフォーマンスを見つめ、伸ばすことができる上司は現場をよく見ています。

失敗の責任は取り 成果は適切に評価できる

失敗の責任は上司のコントロール1つ。
成果は、現場の頑張り1つ。

こういった事を理解できている上司は強いです。
中での信頼も勿論ですが、対会社でも社外にファンが付きます。
誠実さが伝わるからです。

そうなった場合には、さらに大きな仕事を呼び込む可能性が高くなり、みんなが成果のチャンスを得る事ができて、良い循環が生まれます。

逆に、これと違う行動をしている人って、全く周りに評価されませんよね。
人の振り見て我が振り直せ。
反面教師が居たら、その逆に振舞うようにしましょう。

番外編 ダメになった例

悲しむべき、組織の犠牲になる上司も世の中には居ます。
現場でヒーローだったあの人も昇進した途端、無能に。
そんな法則が世の中にはあるんです。

有能じゃない上司に対しては先に心構えを 自分には戒めを

退職の原因は大概上司である

退職の原因は大概上司です。
職場環境が良くても、一定割合で接する人が一定割合でストレスを運んでくる場合、その負荷に耐える事で心が病んでしまいます。

「来週も定期的にこのストレスがくるのかぁ…」

と思い始めた時に、ふと

「あれ? 会社辞めたいなぁ」

と思うようになるのです。

僕の場合も大概そうです。
ストレスの火種を毎回のように運んでくる人が居て、その人一人が居る所為で転職を考えてしまいます。

だから、まずはこの原因を把握するようにしましょう。
環境が良い会社からの退職は、誰にとっても不幸になる可能性が高いです。
一人の為に、心を病んでしまう必要はありません。

逆に自分が上司の立場の場合は、そういう変なストレスを与えない様に…。

上司が有能でも自分が世間知らずかも 戒めよう

上司が有能!OK!
って見極められても、その自信の審美眼を驕らないように心がけてくださいね。

今度は自分自身が、有能な上司と組むにふさわしい部下でないといけない。
有能な上司を見極められる、という能力は次のステップへの手段の一つでしかないのですから。

ストレートに警告すると
上司が有能でも、自身が無能の可能性があります!

指導者が有能でも、実行するのは自分自身ですからね。
成長を促すことはできても、成長するのは自身の問題ですよ!

闇の人格
闇の人格

ちなみに有能な上司が居ない現場はどうすればいいの?

はむらいと
はむらいと

どかす。
実際俺の先輩が3ヶ月くらいで下克上して、無能を引かせて
人件費60~70万程度を浮かせることに成功した。
消えた人が、全く仕事をしない人間だったから。

闇の人格
闇の人格

現状に甘えすぎると、突然職を失うわね…

ある個所が優れていれば、他の貨車がダメでも補えるほどの魅力になるかもしれませんし。
足を引っ張っている部分が酷ければ、それだけで無能な上司になってしまうかもしれません。

ポイントを見つけて、客観視が必要になった時に、再度いろんな角度から上司を観察してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました